見出し画像

【#えぞ財団 現場取材①】石屋製菓が始めた新研修制度〜若手社員が1ヶ月間農作業!?〜

  えぞ財団の人気企画・経営者対談!サツドラの富山社長が北海道の為に動いているトップをインタビューする企画。第1回の石屋製菓・石水社長にお話を伺う中で出てきた、入社3年目以内の若手社員に行なっている農業研修制度。社長の想いを受けて、実際の若手社員はどのように感じ、何を学んだのか?また協力する農家にこの新たな取り組みはどのように映っているのか?実際に現場を取材しました。(文責:国井美佐)

○石屋製菓様の経営者対談の様子はこちら


○若手社員の農業研修、石屋製菓の狙いとは?

 石屋製菓は、今年6月1日から、入社3年目未満の若手社員130名を北海道各地の農家に1ヶ月間派遣する農業研修を始めました。一体何故なのでしょうか。背景には2018年から取り組んできた北海道150年ファームの存在がありました。(https://hokkaido150nen-f.jp/)ここでは、「北海道農業の価値を高める」という理念のもと、寒冷地での初の試みとして、世界的に供給不足となっていてお菓子作りには欠かせないバニラの栽培に着手しています。石水社長は「食品会社に勤めている以上、農家さんあっての菓子メーカーだということを社員たちに感じてほしい」という強い想いがありました。そこで、若手社員を5グループに分けて順次1ヶ月間ずつ、全部で9箇所の農家へ農業研修に行かせることを決意したのです。

画像2

           2020年6月19日取材・撮影

○動画はコチラ🐻素敵な映像に仕上がってます!

この続きをみるには

この続き: 2,539文字 / 画像6枚
記事を購入する

【#えぞ財団 現場取材①】石屋製菓が始めた新研修制度〜若手社員が1ヶ月間農作業!?〜

えぞ財団note

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

北海道を少しでも盛り上げていければと思ってます!ぜひとも応援をお願いします!!よければ団員登録もお願いします🐻

なまらありがとうございます〜〜〜!よければ団員登録もお願いします🐻
19
北海道経済コミュニティ「えぞ財団」始まります。こんなもんじゃない北海道経済を創っていける。さあ、つながろう。学ぼう。動こう。北海道は、今から変わる。

こちらでもピックアップされています

【法人・自治体向け/社内転送可】えぞ財団note ベーシック
【法人・自治体向け/社内転送可】えぞ財団note ベーシック
  • ¥30,000 / 月

【こちらのマガジンは契約主体内に限り転送可能です】北海道経済コミュニティを作る!魅力ある北海道、すごいポテンシャル。ずっと言われ続けてきました。でもまだまだ、こんなもんじゃないはず。自然や食などたくさんの資産があると言われてますが、一番の資産は人でしょう。想いを持っている人がいます、動いている人がいます。そんな人達がつながっていくことで、こんなもんじゃない北海道経済を創っていけるはず。さあ、つながろう。学ぼう。動こう。北海道は、今から変わる。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。